本文へスキップ

株式会社センスオンは ハード 及び ソフトを専門とする 製品開発サポート会社です。

サービス/製品一覧SERVICE&PRODUCTS

サービス一覧

受託回路イメージ

ハード/ソフト・ウエア 受託開発

 後述するIoTコア・モジュールを使用して、人感・モーション・CO2・O2・雨量・照度・日射・温度・湿度・加速度・PM2.5・JPEGカメラ・赤外線カメラ・土壌湿度・EC・水位・uWave(呼吸, 脈拍)・離床・磁気・GPS・測距(超音波, 赤外線)・赤外線リモコン・臭い等々のセンサーや、ZigBee, Bluetooth, WiFi, 3G(SIM), LPWA(LTE-M1,LoRa,SIGFOX), RF無線等々の無線、及び USB・RS232C(UART)・I2C・SPI・A/D・I/O・イーサネット等々のインターフェイス使用したIoT*1 機器の開発の受注を請負いたします。


3Dイメージ また、IoT機器開発以外にも、アナログ回路・デジタル回路・マイコン+周辺回路等のハードウエア開発や基板設計の受託が可能です。

8ビット・16ビット・32ビットのマイコン(主にPIC)を使用した ソフトウエア開発の受託が可能です。

更に、3Dケース設計・市販ケース加工等々の受託も可能です。

全てまとめて受託致します 。


*1:IoTとは
 Internet of Things(モノのインターネット) の略語で、様々な物(センサ等)がインターネットにつながって情報交換することにより、モノの位置や状態・周りの環境 等々様々な情報が遠隔にて取得できるようになることです。


製品一覧

遠隔コア・モジュール シリーズ

 1台の基板に センサは人感・モーション・CO2・O2・雨量・照度・日射・温度・湿度・加速度・PM2.5・JPEGカメラ・赤外線カメラ・土壌湿度・EC・水位・uWave(呼吸, 脈拍)・離床・磁気・GPS・測距(超音波, 赤外線)・赤外線リモコン・臭い等々 20種類以上が搭載可能で、また無線はLPWA(LTE-M1,LoRa,SIGFOX)をはじめとして、ZigBee, Bluetooth, WiFi, 3G(SIM), RF無線 etc が搭載可能で、更にインターフェイスは USB・RS232C(UART)・I2C・SPI・A/D・I/O・イーサネットを搭載しており、 汎用のIoTモジュールして様々な応用が可能です。

 この
遠隔コア・モジュールは、各種目的別に以下のシリーズを販売しております
遠隔IoTコア・モジュール タイトル 遠隔農園コア・モジュール タイトル 遠隔災害コア・モジュール タイトル 遠隔介護コア・モジュール タイトル


遠隔コア・モジュール基板イメージ

IoTコア・モジュール

オーダーメイド専用のモジュールで、以下の特徴がございます。

@ 複数の 標準センサ人感・モーション・CO2・O2・雨量・照度・日射・温度・湿度・加速度・PM2.5・JPEGカメラ・赤外線カメラ・土壌湿度・EC・水位・uWave(呼吸, 脈拍)・離床・磁気・GPS・測距(超音波, 赤外線)・赤外線リモコン・臭い等々 20種類以上) が搭載可能です。

A 上記のセンサを使用する場合は、そのセンサを制御する為のライブラリが既に存在している為、開発に掛かる費用や納期が大幅に短縮できます。

B 低消費電力 且つ 長距離通信として、現在最も主流であるLPWA(LTE-M1, LoRa, SIGFOX)*2 をはじめとして、ポピュラーな ZigBee, Bluetooth, WiFi, 3G(SIM), RF無線 等々複数の無線が同時接続可能です。

C 上記の無線を使用する場合は、その無線制御の為のライブラリが既に存在している為、開発に掛かる費用や納期が大幅に短縮できます。

D インターフェイス(USB・RS232C(UART)・I2C・SPI・A/D・I/O・イーサネット)も充実しており、 これらのインターフェイスを搭載したセンサや通信機器等々に対応可能で、上記に挙げたセンサや無線以外の接続も可能です。

E 上記のインターフェイスに関わるライブラリが既に存在している為、開発に掛かる費用や納期が大幅に短縮できます。

*2:LPWAとは
 Low Power Wide Area の略語で、ZigBeee や Bluetooth等の近距離通信(~数十メートル程度)と異なり、遠距離通信(~数十キロメートル)が可能な広域性を有し、且つ低消費電力です。


遠隔災害コア・モジュール

雨量・温度・土壌湿度・水位 等々 のセンサを搭載した装置 並びに警報機から構成されており、これらを土砂崩れ崖崩れ水害 等の危険性の高い箇所に設置することで、少しでも災害の危険を検知出来るようにする為の装置で、以下の特徴がございます。

@ 搭載するセンサ(雨量・温度・土壌湿度・水位)や警報機は任意に選択可能で、しかもたとえ同じ目的のセンサであっても、定額~高額高精度まで選択肢がありますので、目的や予算に合わせた組み合わせが可能です。
例えば、河川には水位センサ、崖面には雨量・温度・土壌湿度センサ等々)

A 電源には電池を使用しますので、設置場所での電源確保が不要です。

Bセンサが取得した情報をクラウドに通信する手段として、低消費電力 且つ 長距離通信である LPWA方式の SIGFOX無線を標準として使用しておりますが、同じLPWA方式の無線でも より多くの情報を送ることが出来るLTE-M1やWiFi*注1 或いは イーサネット*注1 でも可能です。

C 搭載したセンサのデータは定期的にクラウドに送信され、 クラウドに送られた センサデータ は、スマホやタブレット・パソコンを使用して、どこからでもデータを閲覧することが可能です。

D 土砂崩れ崖崩れ水害 等の危険性の高い一般家庭等々に 警報機を設置することが可能で、危険を検知した場合に音と光で警報を発し、危険を知ることが出来ます。

E 後述の説明にもございますように、本装置は産学官連携による実証実験に使用されております。


*注1:WiFi 或いはイーサネット にはAC電源が必要です

遠隔災害コア・モジュール イメージ


産学官連携の実証実験開始


 現在 株式会社インターディメンションズ様のご協力により、この装置を使って 宮城県東松島市と共同で河川氾濫や土砂災害に起因する降水量に着目した産学官連携による早期災害予測の実証実験を行っております。
産学官連携による早期災害予測の実証実験 写真
<実証実験中の本機>



遠隔農園コア・モジュール

温度・湿度・土壌湿度・CO2・日射 等々 のセンサを搭載した装置で、この装置を農園やハウスに設置することで、農作物の生育環境をモニタリング出来るようにする為の装置で、以下の特徴がございます。

@ 搭載するセンサ(温度・湿度・土壌湿度・CO2・日射)は任意に選択可能で、しかもたとえ同じ目的のセンサであっても、定額~高額高精度まで選択肢がありますので、目的や予算に合わせた組み合わせが可能です。

A 弊社が選定した上記のセンサは様々な部分に工夫をすることで、破格の低価格を実現しております。

B 電源には電池を使用しますので、設置場所での電源確保が不要です。※但し一部のセンサを除く

C センサが取得した情報をクラウドに通信する手段として、低消費電力 且つ 長距離通信である LPWA方式の SIGFOX無線を標準として使用しておりますが、同じLPWA方式の無線でも より多くの情報を送ることが出来るLTE-M1やWiFi 或いは イーサネット でも可能です。

D 搭載したセンサのデータは定期的にクラウドに送信され、 クラウドに送られた センサデータ は、スマホやタブレット・パソコンを使用して、どこからでもデータを閲覧することが可能です。


<株式会社アグリジャパン様のコーヒー農園に設置された本機>


遠隔介護コア・モジュール

温度・湿度・人感・日照 等々のセンサを搭載したBoxから、ユーザー様が作成したクラウドへのデータ送信を可能にした装置で、この装置を介護施設独居老人宅に設置することで、高齢者の遠隔見守りを可能にします。

遠隔介護コア・モジュールを使用した主な機能として以下のことが可能です。
[離床検知]
  被介護者がベッドから起き上がろうとしたことを検知する機能です。
[ナースコール]
  緊急ボタンを押された時、アラームを発呼する機能です。
[トイレ滞留時間監視]
  トイレ滞留時間を監視し、予め設定された時間を超えた時、アラームを発呼する機能です。
[熱中症監視]
  温度・湿度を監視し、熱中症の危険がある時、アラームを発呼したり エアコンの電源をON(リモコン搭載時) する機能です。
[就寝時間・睡眠時間の記録]
  被介護者の就寝時間・睡眠時間を算出し、記録する機能です。
[トイレ回数の記録]
  被介護者の日々のトイレ回数を記録する機能です。
[生活行動検知]
  被介護者の日常の何気ない動作にセンサーが反応し、動作があった部屋・時間等を記録する機能です。
遠隔介護コア・モジュールイメージ



納入実績

1.大手家電メーカー

 生活情報ビッグデータ 取得用のIoT機器として納入致しました。

2.高齢者見守りシステム提供業者

 複合センサーによる高齢者見守り機器 として納入致しました。

3.国立大学

 複合センサーによる見守り機器 として納入致しました。

4.ロボット開発メーカー

 人間の生活をサポートするセンサー を搭載したIoT機器として納入致しました。

5.農家(ハウス栽培)

 複合センサーによる農作物監視機器 として納入致しました。


バナースペース

株式会社センスオン